第16回日本循環器看護学会学術集会

プログラム

日程表 11月2日(土)  日程表 11月3日(日)

主要プログラム

特別講演

特別講演1 11月2日(土曜日)9:40~10:30

「循環器領域における先駆的治療」

座長:
三井 佐代子(国立循環器病研究センター)
演者:
阿古 潤哉(北里大学医学部)

特別講演2〔同時通訳〕 11月2日(土曜日)10:40~11:40

「Updated Practice Standards for ECG Monitoring: Impact at the Bedside」

座長:
樗木 晶子(九州大学大学院医学研究院)
齊藤 奈緒(宮城大学看護学群)
演者:
Kristin E. Sandau(Bethel University)

特別講演3〔同時通訳〕 11月2日(土曜日)14:45~15:45

「Self-care of heart failure: What do we Know? What do we Need to Know?」

座長:
落合 亮太(横浜市立大学医学部)
演者:
Barbara Riegel(University of Pennsylvania)

特別講演4 11月3日(日曜日)9:20~10:10

「行動経済学の観点からみた意思決定支援」

座長:
宇都宮 明美(京都大学大学院医学研究科)
演者:
平井 啓(大阪大学大学院人間科学研究科)

特別企画

特別企画 11月3日(日曜日)10:30~12:00

「健康寿命の延伸を目指すために循環器看護に求められる役割:脳卒中・循環器病対策基本法の成立を受けて」

座長:
吉田 俊子(聖路加国際大学看護学部)
田村 綾子(徳島大学大学院医歯薬学研究部)
演者:
石上 晃子(厚生労働省 健康局がん・疾病対策課)
「近年の循環器病対策について」
小室 一成(東京大学大学院医学系研究科/一般社団法人日本循環器学会 代表理事)
「循環器病診療の現状と将来展望」
宮本  享(京都大学大学院医学研究科/一般社団法人日本脳卒中学会 理事長)
「脳卒中・循環器病対策基本法の成立と連動した日本脳卒中学会の活動」
吉田 俊子(聖路加国際大学看護学部/一般社団法人日本循環器看護学会 理事長)
「脳卒中・循環器病対策基本法の施行による循環器看護分野の取り組み」
田村 綾子(徳島大学大学院医歯薬学研究部/日本脳神経看護研究学会 副理事長)
「脳卒中・循環器病対策基本法の成立を受けて脳卒中看護分野の取り組み」

教育講演

教育講演1 11月2日(土曜日)10:40~11:40

「循環器疾患患者の減塩指導:どう実践するか」

座長:
宮松 直美(滋賀医科大学臨床看護学講座)
演者:
土橋 卓也(製鉄記念八幡病院)

教育講演2 11月2日(土曜日)13:15~14:15

「事例研究がもたらす看護実践の知:『ケアの意味をみつめる事例研究』方法開発のとりくみから」

座長:
籏持 知恵子(大阪府立大学大学院看護学研究科)
演者:
山本 則子(東京大学大学院医学系研究科)

教育講演3 11月2日(土曜日)16:50~17:50

「認知症のある患者とのコミュニケーションスキル」

座長:
竹原 歩(兵庫県立姫路循環器病センター)
演者:
蛯名 由加里(北里大学病院)

シンポジウム

シンポジウム1 11月2日(土曜日)9:40~11:10

「循環器疾患患者・家族の意思決定支援」

座長:
山田  緑(共立女子大学看護学部)
伊東 紀揮(ゆみのハートクリニック)
演者:
平野 美樹(亀田総合病院)
「生きる希望を失くした患者と一日でも長く生きて欲しいと願う家族への意思決定支援」
戸沢 智也(獨協医科大学看護学部)
「アドバンス・ケア・プランニングが“当たり前”となる風土づくり」
富山 美由紀(のぞみハートクリニック)
「循環器疾患患者・家族の意思決定支援クリニック看護師の立場から」
小川 裕美(公益財団法人 日本訪問看護財団立 あすか山訪問看護ステーション)
「在宅における循環器疾患をもつ在宅療養者と家族への意思決定支援―訪問看護師の立場から―」

シンポジウム2 11月2日(土曜日)13:15~14:45

「循環器看護における知識創造」

座長:
若林 留美(東京女子医科大学病院)
齊藤 奈緒(宮城大学看護学群)
演者:
小泉 雅子(東京女子医科大学大学院看護学研究科)
「知識創造のプロセス―臨床看護実践に埋もれる暗黙知の見える化へ」
渡邊 規子(武蔵野赤十字病院)
「市中急性期病院におけるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)導入の知識変換」
齊藤 奈緒(宮城大学看護学群)
「循環器看護領域における知識変換の実際―教育者の立場から―」
三浦 英恵(日本赤十字看護大学看護学部)
「循環器看護における知識創造―研究者の立場から―」

シンポジウム3 11月2日(土曜日)16:50~18:20

「心臓血管外科のハートチームにおける看護師の役割」

座長:
三浦 英恵(日本赤十字看護大学看護学部)
佐藤 麻美(公益財団法人 心臓血管研究所付属病院)
演者:
中島 千春(聖路加国際病院)
「術前から術後までのシームレスなケア 看護外来を通して」
山田  亨(東邦大学医療センター大森病院)
「麻酔科と協働した術後呼吸管理の実践」
内藤 亜樹(北里大学病院)
「他職種と協働して実践する心血管外科周術期のケア」
伊藤  努(慶應義塾大学医学部)
「心臓血管外科におけるハートチームの構築-開心術後の合併症を防ぎ、患者の回復を支える看護師の役割-」

シンポジウム4 11月3日(日曜日)10:30~12:00

「循環器看護における若手研究者への期待」

座長:
眞嶋 朋子(千葉大学大学院看護学研究科)
瀬戸 奈津子(関西医科大学看護学部)
演者:
岡田 明子(北里大学大学院看護学研究科)
「心不全患者の症状マネジメントに関する研究への取り組みと今後の課題」
佐野 元洋(千葉大学大学院看護学研究科)
「心不全患者の在宅生活継続を支える地域連携促進ツールの開発」
大串 晃弘(大阪市立大学大学院看護学研究科)
「急性冠症候群発症時における迅速なFirst Medical Contactを促す患者教育プログラムの構築を目指して」

パネルディスカッション

パネルディスカッション1 11月2日(土曜日)13:15~14:45

「循環器領域における中堅看護師教育を考える」

座長:
瀬戸 初江(東北医科薬科大学病院)
藤井 利江(兵庫医科大学病院)
演者:
三井 佐代子(国立循環器病研究センター)
「循環器専門病院の教育体制 ~中堅看護師への役割期待とモチベーション維持~」
長村 生野(東京医科大学病院)
「CCUにおける中堅看護師教育の課題」
中村 美乃生(西宮市立中央病院)
「一般病棟における中堅看護師を教育する立場から」

パネルディスカッション2 11月2日(土曜日)16:50~18:20

「循環器看護にとっての特定行為を考える」

座長:
山田 佐登美(川崎医科大学総合医療センター/川崎医療福祉大学)
滝  麻衣(洛和会京都健診センター)
演者:
山田 佐登美(川崎医科大学総合医療センター)
「特定行為研修の概要と循環器看護への影響」
森 真由子(川崎医科大学附属病院)
「認定看護師が特定行為研修を修了して得られた効果」
滝  麻衣(洛和会京都健診センター)
「循環器看護にとっての特定行為を考える~特定行為研修発足の経緯と循環器看護への期待~」
山下 祐貴(滋賀医科大学)
「周麻酔期特定看護師の活動を通して」
讃井 將満(自治医科大学附属さいたま医療センター)
「循環動態管理を担う特定看護師への期待」

パネルディスカッション3 11月3日(日曜日)10:30~12:00

「循環器医療における看護外来 -現在から未来へ-」

座長:
仲村 直子(神戸市立市民医療センター中央市民病院)
中野 直美(慶應義塾大学病院)
演者:
青木 芳幸(JA長野厚生連佐久総合病院/佐久医療センター)
「心不全看護外来の重要性とこれからの可能性」
金子 伊津子(横浜労災病院)
「循環器看護外来に期待される役割『壮年期患者の療養支援』」
水野 芳子(東京情報大学)
「成人先天性心疾患看護外来の経験から-外来看護師は何をするか」
仲村 直子(神戸市立医療センター中央市民病院)
「看護外来は外来看護と何が違うのか」

パネルディスカッション4 11月3日(日曜日)13:20~14:50

「循環器病棟、循環器専門病院における新たな看護マネジメント戦略」

座長:
池亀 俊美(公益財団法人日本心臓血圧研究会附属榊原記念病院)
別府 千恵(北里大学病院/一般社団法人 日本看護管理学会 理事長)
演者:
別府 千恵(北里大学病院/一般社団法人 日本看護管理学会 理事長)
【基調講演】「循環器病棟、循環器専門病院における新たな看護マネジメント戦略」
木間 美津子(心臓血管センター金沢循環器病院)
「病院ビジョンの浸透と柔軟な人材マネジメントへの取り組み~固定化した配置から、積極的異動を試みて~」
外間 貴子(医療法人博愛会 牧港中央病院)
「循環器専門病院における看護マネジメントの現状と課題」
吉屋 直美(特定医療法人渡辺医学会 桜橋渡辺病院)
「急性期医療から地域へつなぐ継続看護の現状と看護マネジメントの課題」
鉄谷 祥子(地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター)
「循環器病棟における看護マネジメントの実際」

パネルディスカッション5 11月3日(日曜日)13:20~14:50

「循環器看護と新たなテクノロジーの融合」

座長:
吉野 正則(株式会社日立製作所)
眞茅 みゆき(北里大学看護学部)
演者:
吉野 正則(株式会社日立製作所)
【基調講演】「コミュニティ(共助)、セルフヘルスケア(自助)がつくる新しい公共(公助)のしくみ」
眞茅 みゆき(北里大学看護学部)
「病を持つ人を支える看護とテクノロジーの調和」
末吉 隆彦(クウジット株式会社)
「人を幸せ笑顔にするICT・AIデータ解析の活用について」
落合 亮太(横浜市立大学医学部)
「患者視点のICT活用 ∽症状、制度利用、ロールモデル、ユーザー生成コンテンツ∽」

ワークショップ

ワークショップ1 11月2日(土曜日)9:40~11:10

「心不全におけるアドバンス・ケア・プランニングを考える」

座長:
五十嵐 葵(聖路加国際病院)
演者:
高田 弥寿子(国立循環器病研究センター)

ワークショップ2 11月2日(土曜日)14:30~16:00

「循環器領域の倫理的問題を考える」

座長:
宮脇 郁子(神戸大学大学院保健学研究科)
演者:
長尾 式子(北里大学看護学部)

ワークショップ3 11月3日(日曜日)9:20~10:50

「アラームが鳴った!どうしたらよいの?臨床に則したモニター心電図判読」

座長:
林 亜希子(北里大学病院/北里大学看護キャリア開発・研究センター)
演者:
深谷 英平(北里大学医学部)

ワークショップ4 11月3日(日曜日)13:20~14:50

「その人らしい看護に生かす!フィジカルアセスメント」

座長:
若林 留美(東京女子医科大学病院)
演者:
小泉 雅子(東京女子医科大学大学院看護学研究科)

委員会セッション

学術委員会セッション 11月2日(土曜日)10:40~11:40

「循環器看護とは何かを考える~グローバルスタンダードと日本の医療動向を見据えて~」

学会誌編集委員会セッション 11月3日(日曜日)13:20~14:20

「臨床現場からの研究成果の発信パート3/個別相談会-研究の着想から学会誌掲載までの私(達)の経験」

このサイトについて|Copyright © 第16回日本循環器看護学会学術集会 All Rights Reserved.