第16回日本循環器看護学会学術集会

ワークショップ

本学術集会では、関心の高いテーマについて、座長、演者と聴衆の皆様が交流しながら議論する「ワークショップ」を企画いたしました。
ワークショップへの出席には整理券が必要です。
整理券は、各ワークショップ開催日当日に、事前あるいは当日参加登録済みの方に先着順に配布いたします。セッションの特性上、整理券の数には限りがありますので、ご了承ください。

ワークショップ1 心不全におけるアドバンス・ケア・プランニングを考える

座長:五十嵐 葵(聖路加国際病院)
演者:高田 弥寿子(国立循環器病研究センター)
(参加可能人数 220名)

ワークショップ2 循環器領域の倫理的問題を考える

座長:宮脇 郁子(神戸大学大学院保健学研究科)
演者:長尾 式子(北里大学看護学部)
(参加可能人数 220名)

ワークショップ3
アラームが鳴った!どうしたらよいの?臨床に則したモニター心電図判読

座長:林 亜希子(北里大学病院/北里大学看護キャリア開発・研究センター)
演者:深谷 英平(北里大学医学部)
(参加可能人数 220名)

ワークショップ4 その人らしい看護に生かす!フィジカルアセスメント

座長:若林 留美(東京女子医科大学病院)
演者:小泉 雅子(東京女子医科大学大学院看護学研究科)
(参加可能人数 220名)

このサイトについて|Copyright © 第16回日本循環器看護学会学術集会 All Rights Reserved.